こんにちは!とびびです。
猛暑を耐え忍ぶ夏でしたが、お盆を過ぎてから過ごしやすくなり、ホッとしています。
主人のお盆連休中は遠出せず、近場で過ごしました。
ぴょこりん2歳7ヶ月の成長具合と交えて、8月を振り返ります。

20190831_03


↑ぴょこりん、海水浴デビューしました。
とにかく喜んでくれて、波が来るとキャーキャーはしゃいでおりました。
写真は黒部の石田海水浴場です。
私はもっぱら写真係。汗だくになりました。

20190831_01


海水浴を喜んでくれたので ↑次は温泉施設(明日温泉)のプールへ。
人が少なくて穴場でした!
私も水着をウン十年ぶりに着て入ってみたのですが、水が冷たくてすぐにあがりました。
ぴょこりんも冷たかったらしく、足を穴から通さずに上にちょこんと乗っていましたが、プールもそこそこ喜んでくれました。
プールが終わったあと、ぴょこりんを風呂のシャワーですすいで、ちょこっと温泉につからせてみると大丈夫だったので、これは温泉大丈夫かな?と勘違いしました。(後日ひどい目にあいます。いや、ひどい目にあったと思っているのはぴょこのほう?)
脱衣所で、見知らぬおばあちゃんの脚をうしろからわしづかみにしたので、慌てました。

20190901_001



20190831_02


↑これはグループ療育のボールプール。
おしゃまさんポーズを取ってくれたので、保存版です。

20190831_05


↑魚津のマクドナルド。初めてぴょこりんと1対1で外食しました。
ファーストフードだからなんとかなりました。ぴょこりんは食べられないので、ベビーフード持参です。
対応してくれた店員さんが素晴らしい方で、メニューを席まで運び、子ども用椅子を運び、困ったことはないかとまで聞いてくださいました。
完璧な配慮!本当に助かったし嬉しくて、ありがとうございました。

私たちが座った席の周りが、なんとなく子連れ席になってゆき、隣に座った3-4歳くらいの小さな男の子が、ぴょこりんを見て「赤ちゃんかわいいね」と言いました。
ん?と思って見ると目が合って、そちらのお母さんとえへへって微笑み合いました。
2歳だけど、たしかに中身赤ちゃんなんです。坊や分かってるな!
なんだか微笑ましいひとときでした。

20190901_002


ぴょこはまだ固形物を殆ど食べられなくて、12カ月用の離乳食を食べています。
近々3回目のST(摂食指導)を依頼する予定ですが、ダウン仲間の中ではずいぶん食事の発達がゆっくりさんです。
飲み物は哺乳瓶メインで、粉ミルク、牛乳、調整豆乳などを飲んでいます。
ジュースが好きなので、パックジュースにストローを刺してあげたら、自分で飲んでくれます。
お茶はたまにストローマグで自分で飲むけど、めったに飲んでくれず、だいたい投げ捨てられます。
ストロー飲みはそんなに上手じゃなくて、たまにむせたりします。

20190831_13


なにげない散歩風景。
0歳児のときから、そり返りが大好きです。
運動面ですが、歩行が安定してきました。室内なら10mくらい歩きます。でもヨタヨタ、変な歩き方です。
私は見慣れてマヒしているので変だと気づかないのですが、人から言われます・・・うん、そういえばそうですよね。
まあ、矯正も大事なんですが、今は歩くのが楽しい!と思ってもらえることを大切にしたいところです。

20190831_09


いきなりの夕食写真。
家庭菜園で採れたゴーヤや茄子をお母さん(姑)からたくさんいただきます。
夏はゴーヤーチャンプルー、ヘビロテです。
とび母(実母)が沖縄出身なので、子どものときからゴーヤの苦みに慣れています。
薄切りにすればそのままドレッシングかけて食べちゃいます。
こちらの家庭菜園は、年々動物被害(猿)が深刻化していますが、それでも夏は野菜が全種類豊富なので、食費がとても助かっています。

20190901_004



20190831_04


↑これはとび母と3人でガストに行ったときの写真。
ぴょこりんは2歳すぎて腰が安定して、外食先で子ども用椅子に座らせられるようになりました。
ただ、立ち上がろうとしたり脱出を図るので、自分以外の大人が誰かいないと、ゆっくり食事するのは厳しいです。

8月になって、よりいっそう言葉がたくさん出てくるようになりました。
メロディーはとれないけど、お歌を歌います。

20190901_007


歌詞全部歌えます。お経のように!

あとは、脚を180度上げて、「あし!」とか言います。

20190901_005

↑昔こういうCMあったよね。坂下千里子?

「じいちゃん」をよく言うようになりました。
パパ、ママ、ばあちゃんは逆に言わなくなりました。
それから、テレビでたとえば「大きな栗の木の下で」を歌っていたら、おうたえほんを取り出して、ボタンを押して「大きな栗の木の下で」を一発で鳴らせたりもします。
中身赤ちゃんといっても、案外賢いんだな。


20190831_08


これは、同居のじいちゃんばあちゃんのリビングで、お絵かきしているところです。
クレヨンや鉛筆系はだめですが、
写真のように、マグネット式のお絵描きボードは使いこなすようになってきました。
親ばかですが、なんか上手くないですか?
天才か?
他に天才と思うのは、楽器の弾き方!
とび父のウクレレを、けっこう上手に弾くんです。(動画、最後に貼っておきます)
おもちゃの木琴の叩き方も様になってきて、成長が楽しみです。

20190831_10


↑入善の発電所美術館。このブログにもたびたび書いています。
主人の連休中、ぴょこりんを主人に預けて、行ってきました。
平井千香子展
今回の展示は床一面をキャンバスにして絵を描いていて、感動しました。
入口で靴と靴下を脱いで入る仕様になっていました。
最初入ったとき、海だー!荒波だー!渦潮だー!と喜んでいたのですが、
2階の作品展示を見て、作者の作風を知ったところで、2階からあらためて海を見下すと、な、なんと

20190831_12


龍が2匹うかびあがってきました。(上の写真は1匹だけ写っています)
写真撮影可だったので何枚か撮って、
帰宅後に見返していたら、なんと今度は

20190831_11


龍の顔の部分をちがう方向から見ると、はんにゃの顔になっていることを発見しました。分かりますか?
楽しすぎて、もう一回観にいきたいっ!(え?もう終わった?!)


20190831_07


8月最後は、関西の友人E子ちゃんが、初めてこちらへ遊びに来てくれました。
↑写真は宇奈月温泉の無料の足湯です。
E子ちゃんと1日観光したあと、夕方にさきほど書いた明日温泉へ行きました。
ぴょこりんもきっと大丈夫だろうと思ったのですが。
最近、車で寝てから目覚めると、必ずギャン泣きするのですが、ちょうど温泉に入ろうとしたタイミングでそれになってしまいました。
とりあえずE子ちゃんには先に入ってもらって、なだめてから、少し落ち着いたころで入ったのですが・・・
とにかく泣く泣く!
シャワーをかけたら泣く、露天風呂にちょっとだけつかったら泣く!近くのおばちゃんから「こういうときに入れるとトラウマにさせちゃうよ」と言われてしまう。
さっさと出て、オムツを履かせてミルクを飲ませたら、ようやく落ち着きました。
ぴょこりんオムいち、私全裸の状態でミルクを飲ませているとき・・・
おばあちゃんと一緒だった5才くらいの女の子が、こちらにめっちゃ興味を持っていました。
「赤ちゃん・・・?かわいい!」(ありがとっ)
「ねえ、なんか大きくない?」(やっぱり分かります?)
先日のマクドみたいなことが二度起きたのでした。デジャヴ。
(デジャヴじゃなくて、一般的な子供の感想か。)

20190901_003


↑温泉はたとえ泣かなくても、ウンコ問題が深刻です。

それから、E子ちゃんが帰るとき、新幹線の駅のホームに入ったのですが、
駅のアナウンスや新幹線の音でもうギャン泣き。
旅行や遠出はまだまだ厳しいと感じた今日このごろです。

E子ちゃんの前で泣いてばかりだったかというと、全然そうではなく、一緒に遊んでもらってめっちゃ笑いまくっていました。

ぴょこりん0歳のころを振り返りますと、あまり反応もなくて、このまま笑わず泣かず、大きくなっていくのかな?と思っていたのですが・・・

20190901_009


2歳はまあうるさいわうるさいわ、泣くも笑うも派手で、嬉しい悲鳴です。
泣いても笑っても、我が子はかわいい!
(でもできれば泣かない方向でたのむっ)

色々とりとめなく書きましたが、最後に。

20190901_008


↑頭汗がすごいんです。
なにこれ??

20190901_006


↑これは書いてみたものの、入れる所がわからなくなっちゃいました。
「バナナ」言います、たしかに。
他にももっと色々言うんです。
でも、こうやってパソコンの前に座ると、思い出せません。(40代の脳・・・)

あ、あと一番どうでもいい情報として、私とびびは今年とても太ったようで、イラストの自画像を太めに切り替えています。
服も全てサイズアップ!細いのは処分しました。不経済です。
これで痩せたらまた服を買い替えなきゃいけないから、痩せないほうがいいのかな?
ん?言ってることおかしい?




ぴょこりん動画劇場




↑6月の動画です。とび父のウクレレを上手にはじいています。



↑もう一つ6月の動画でいいのがありました。アンパンマン教育のたまものです。

閲覧ありがとうございました。応援クリックをいただけると励みになります↓↓↓↓↓
にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村




↓次の記事 ※注意:別ウインドウで開きます


↓前の記事 ※注意:別ウインドウで開きます