①ひとりお座り完成




初めのころは、絵のようにお尻をプリプリしたり、
体の動きを探っているようでしたが、
今は普通に、後ずさりするようなスタイルで
お座りできるようになりました!
新しい動作ができるようになって、毎日楽しそうです。

②歯が立て続けに生える


ダウン症

歯の成長はゆっくりのぴょこりん。
昨年末に下の歯が1本生えて以来、
次の歯の気配はありませんでしたが、
今月になって一気に3本生えました。

絵を訂正しております。
上の前歯の真ん中が生えたと勘違いしていましたが、まだでした。
あと数日以内には生えそうです。

これで、もう少し固形のものが食べられるようになってくれるかな?

③障害物を乗り越えてくる


ダウン症

クッションや毛布で障害物を作って、ベビーゲート代わりにしていましたが、もはや通用しなくなりました。
もぞもぞ、お尻ぷりぷりで、這い上がってきます。
部屋のドアのところまで行って、ドアをどんどん叩くのですが、
ドアをあけたらそこには下りの階段があるので、ぞっとします。
もうそろそろ新しい安全対策をしないと、危険!

④人見知り場所見知り どこでも大泣きする


子連れヨガは、1才でやめなくてもいいらしく、継続しています。
毎回、ぴょこりんよりずっと若い赤ちゃんが、
誰かしら近づいてきてくれるのですが

ダウン症

近づかれたら大泣き。
おいおい、泣くような相手ではありませんよ!
ヨガに限らず、どこでもかしこでも泣いてばっかりの子になりました。

泣かせない秘訣は、私に密着していること。
だから、抱っこ紐はかかせません。
ヨガは抱っこしたままできないので、
一番悲惨な場所となっている現状です。
恐縮していると、子どもがいっぱいいるママから「そういう時期なのよ。しばらく続くから。」と笑って言われて、とても楽な気持ちになりました。
もし「一人っ子で、保育園に入れてないからだよ」とか言われたら、なすすべがないので・・・

⑤犬の写真をなでなでする


ベネッセの試供品の絵本で、「犬の写真になでなでしてみよう」というページがあり、
教えていたら、1才前後からできるようになりました。
それをじいちゃんばあちゃんに教えると、
さっそく「やってやって!」の嵐

ダウン症

さあ、やりたまえ、ぴょこりん。

ダウン症

おじいちゃん、おばあちゃんは大喜び。
やったね、ぴょこりん!

⑥ついでに猫もなでなで


こちらはリアル猫。今に始まったことではなく、寝返りを打てるようになったころから、猫への興味深々です。

ダウン症

ぎゅっと掴んだりするので、ひやひやします。
主人の家で以前から飼われていた老猫。
猫自信は子供が苦手ですが、穏やかで社交的な性格なので、
ぴょこりんの激しいアプローチにも、わりと耐えてくれています。
これからもよろしくね!









↓↓↓

2種類のブログランキングに参加中。ワンクリックで投票いただけたら励みになります。クリック後は、色々なダウン症ブログへのリンクページに飛びます。

↓↓↓

にほんブログ村 子育てブログ ダウン症児育児へ
にほんブログ村

ダウン症児育児ランキング

次の記事↓

http://pyocorin.xsrv.jp/wp/2018/03/24/1y1m-2/

前の記事↓

http://pyocorin.xsrv.jp/wp/2018/03/22/tuin-2/