ぴょこりんの成長記録

2017年1月生まれのダウン症のかわいい娘、ぴょこりんとの日々を綴っています。大阪から富山にヨメに来たとびびの、移住日記もちらほら。

カテゴリ: 四コマ漫画

パパがぴょこりんをお風呂に入れるときは、 私も手伝ってシャワーをかけてあげますが、 シャワーがきたら「シャンプーハットかぶらなきゃ」というのが定番になっています。 昨年秋ごろからの習慣です。 ダウン症の子はルーティン(ルーチン)を好むと聞きますが、すでにそう ...

最近のうんちスタイル、こんなかんじです。 自力で出してくれるようになったので、 今まで病院で処方してもらっていた、便を柔らかくする薬(リフォロースシロップ)を、しばらく止めていました。 すると、出しきれていない宿便がたまっていたようで、 数日前、ひどい修羅場 ...

よい子のみなさんは真似しないと思いますが、 今年の狩猟登録用に使う証明写真で 主人がひらめいた技です。 就活用ではありませんよー(分かっとるわい) それまでは、家の壁で写真を撮っていたのですが、 余計なものが入ってしまったり、 コンビニプリントするときに、証 ...

ぴょこりん1歳8、9か月ごろのことです。 ほめられる=このポーズ って思ってたみたい! ちなみに、「あおいっ」のかけ声は 「あーーーおいっ」が短くなったものです。 誰も教えたわけではないけれど、おしりを上げる前に気合を入れるため、ぴょこりんが考えたかけ声のよ ...

10-11ヶ月健診の過去マンガはこちら 1歳6ヶ月健診に、知り合いはいなかったけど、 「周りの認知度じわじわ上がってます、うち。」的な でかい顔してる自分に気づきました。 背後で愛されているような、妙な安心感・・・ 地元のママ友が、ゆっくりペースで少しずつ増えて ...

え? 私が「ミケラン」「ちゃお」「トラ」と使い分けているところが、いやらしい? まあまあまあ。 おほほほ。 ちなみに「なん」というのは方言で「いいえ」という意味です。 「なーん、なんなんなん。」とつなげて、フランス語風に使うときもあります。 ぴょこりん一コ ...

ぴょこりんの不思議な言動。 炊事中に近寄ってきて、パンツの裾を引っ張り、 大きな声で「おいぃぃっ!」と呼ぶ。 毎日1、2回はやります。 「はい、なんですか?」ってにやけながら返事すると、 こっちを見ろという表情で、じっと見上げてくる。 「おい」の言い方がおっさ ...

うちの子すごい唸る(うなる)んですけど、他の子ってどうなんだろ? ぴょこりん一コマ劇場(写真版) 7月21日、調子に乗っておうちでもやってみました。 ベビーバスが再び使えるとは! おもちゃを地面にこすりつけて、また水面に入れるので、 中が砂だらけ。 ぴょこりん ...

今年3月の出来事 このしばらく後に、主人の従妹は、無事第2子を出産されました! ちなみに、主人の名誉のために付け加えますと、 髪の毛は、イラストではいつもツルピカですが、 実際は刈り上げてるので、3ミリ程度生えております。 主人はこのブログに関して 「なんだ ...

まだ6時とか、正直に書いてしまいました。 ブログを更新するときは、たいてい深夜にさしかかるので、 6時に起きるのは無理っ。 主人は7時に家を出ますが、ぴょこりんが生まれてからは、 1人でごはんを詰め、私が前日に用意しておいたおかずを 冷蔵庫から出して、持ってい ...

4月に風邪をひいて咳をしていたら、 咳まで真似され、爆笑のとびび(筆者)でした。 ダウン症の子はものまね上手だと 聞いたことがありますが、 ぴょこりんはものまね能力がグングンアップしています。 おばあちゃんが教えてくれた芸を中心に、 たまに私やパパが教えた ...

昨年9月頃の出来事でした。 そのとき主人に報告しても全然うけず、ブログに載せようと思って撮っておいた写真は、う●こ感がすごかったのでNGだなーということで、削除しました。 漫画にしたらちょっとマイルドになったかな? う●こが落ちている状況は考えられず、思い ...

今年2月の出来事。 ちなみに、オトッペのエンディングの土鍋の曲で、 お鍋の具を順番に歌った最後に「おとっぺ とっぺ とっぺ とっぺっぺのぺ」 と歌っているので、 富山県民には豆腐の歌にしか聞こえないのかもしれません。 大阪から富山県東部へ嫁に来てから、 富山 ...

最近の二人のはまりごと。 こちらが先に声を出すと、ぴょこりんも応答してくれるので、 ハモるようにして声を出しあう、という遊びです。 お歌の上手な子になっておくれ。 閲覧ありがとうございました。応援クリックをいただけると励みになります↓↓↓↓↓にほん ...

ここまで怖い顔じゃなかったですが、 たしかに睨みつけられました。 初めての反抗?! 立ちたがるばかりで、あまりズリバイしてくれませんが、 スマホやコロコロなどで釣れば、やってくれます。 ただ、高齢母が体力消耗するので、やりたがらないのは 母(私)のほうだった ...

↑このページのトップヘ